買い揃えたキャンプ道具を何となくレビュー②

ブログ分割に伴い、こちらのポストは新しいブログに移されました。

keisuke69.hateblo.jp

買い揃えたキャンプ道具を何となくレビュー①

ブログ分割に伴い、こちらのポストは新しいブログに移されました。

keisuke69.hateblo.jp

『実践AWS Lambda』という本を書きました

久しぶりの更新です。

タイトルの通りなんですがこの度「実践AWS Lambda」という本を執筆する機会を頂き無事に本日(2017年6月9日)より販売開始です。
出版社はマイナビ出版さんです。
もちろんAmazonでも買えます。Kindle版もあります。

これまで、色んな媒体に寄稿記事は書いたことがあるものの一冊の本としてまとめて書くのは初めての経験でした。 

実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~

実践AWS Lambda ~「サーバレス」を実現する新しいアプリケーションのプラットフォーム~

 

 さて、この本ですが先日のAWS Summit Tokyo 2017のExpo会場内のマイナビ出版さんのブースで先行販売していました。会場限定で消費税分安くなるのと、通常は別売である電子版のダウンロード権がついてくることもあってかそこそこ好評で売り切れてしまいました。
可能な限りの在庫を追加投入したにも関わらず売り切れてしまったので少し驚きです。
正直なところ、いくら注目されているサービスとはいえあまりにもニッチなのでそんなに売れないとは思っていたのですw

ついでに、裏話的な話をすると一部の方はご存知だと思いますが当初は2016年の9月末の発売を予定していました。それに合わせて2016年のAWS Summitのタイミングからサンプル版を無料配布していたのですが諸事情あってこのタイミングでの出版となりました。諸事情あった最中は実際に執筆も止めていて、再開に至ったのは今年に入ってからです。実際に本格的に書いたのは3月半ばからですね。4/1から1週間ほど家族旅行に行く予定だったこともあり最後はとても辛かったですw

今回、通常の書籍とは販売形態が少し異なっていて、紙版に関してはオンデマンド印刷という受注生産に近い仕組みを取っています。ニッチなテーマなのでそれほど数が出ないであろうということでこういう形態になったのですが、これ自体が新しい形態ということもありその辺とかも含めて主に出版するための準備に時間がかかってしまったのです。決して僕が締め切りに間に合わなかったとかそういう話ではありませんw

そんなこんなで無事に本日からの販売開始に至ったのですが執筆中はいろいろ悩まされたりもしました。AWSの特徴でもあるイノベーションや改善の速さがゆえに執筆中に画面が変わる、機能が増える、日本語化されるなどなど…。

余談ですがAWSイノベーションの数は2016年の実績で1000以上とか発表されてますが、これはあくまでも対外的にアナウンスがあったものになります。実際にはマネージメントコンソールの改善なんかは日々行われていて、主に見た目やメッセージなどに関する細かいアップデートは日常茶飯事です。

特に大変だったのが執筆を中断していた間にマネージメントコンソールやドキュメントが日本語化されてしまったことですね。
日本語化されたことでスクリーンショットは全部取り直しですし、用語も一部ドキュメントに揃えたりする必要が出てきました。地味に音引きが普段の癖とドキュメントで違ったり(ユーザーとユーザとか)。

また、スクリーンショットに関しては今回は主に初心者向けということでなるべくマネージメントコンソールからの操作にしようという方針だったので、スクリーンショット多めだったんですが、次回からは全てCLIを使った手順にしようと強く思いました。CLIベースであれば画面のアップデートによる影響を受けないので。

ちなみにこのマネージメントコンソールのアップデートですが、AWS Lambdaだけでも初回ローンチから3年弱の間に大きなものが数回入っています。IAMの画面も執筆中に少し変わってしまって撮り直しと記述内容の修正が。

このあたりはAWSとか扱ってるとあるある話ですね。前日夜中までかけてハンズオン資料作って、翌日いざってときに画面が変わってるとか。寝てる間にアップデートされちゃったんですね。

あとはやはりアップデートです。執筆中にも機能的なアップデートが入ったのでそれを追加で盛り込んだりする必要がありました。このあたりはぶっちゃけ進化の速いクラウドを相手にする場合避けて通れないところでもあるので、今回のような解説書の今後の在り方も変わっていくのかなー、とかぼんやりと思ったり思わなかったり。

というわけで本日より発売なのでぜひよろしくお願いしますmm

それはそうと、たまにサインを欲しいと言われるのですが想定外だったので恐縮ばかりです。そもそもサインなんて持ってないので単に名前を書くだけになるという…
今回、AWS Summit Tokyo 2017ではセッションもやってたんですが、セッション後のQAでも購入した書籍を持ってサインを欲しいと言われ対応に苦慮しましたが、ただ名前書くだけでよければどうぞ。

ちなみにそのときのセッション資料はこちらですmm

 

サーバレス関連ということで「サーバーレスシングルページアプリケーション」という本が近日オライリーから出版されるようで、こちらは日本のサーバレスコミュニティの立役者である吉田真吾さんが監修されてることなのでこちらもあわせてどうぞ。 

まだ発売前なので読んではいないのですが、AngularJSなどを使ったシングルページアプリケーション(SPA)というのもサーバレスと非常に相性のいいアーキテクチャだったりします。HTMLとJSはS3だけで配信できますし、JSから呼ぶAPIバックエンドをAPI Gateway + Lambdaで実装するといった感じです。もちろんデータストアはDynamoDBで、認証認可にはCognito User Poolを活用する感じですね。とまあそういった内容になってると勝手に期待していますw

さて、最後に私の書籍に関してですがサポートサイトが公開されています。

book.mynavi.jp

今後はこちらに誤植や訂正などがあった場合は公開されるかと思います。

また、書籍ではページ数の都合などで紹介しきれなかったユースケースやそのウォークスルーを別途公開したいなと考えていたりします。

 

追記:

おかげさまで現時点のカテゴリランキング1位になってるんですが、「サーバレス」について書いた本なのに「サーバ」カテゴリですw

 

追記2:

上で紹介した「サーバレスシングルページアプリケーション」の本ですが、認証はUser Poolではなく、Cognito IdentityとGmailのアカウントだということで、これはこれで興味深いですね。

 

 

 

Logicoolのイケてるプレゼンツール「Spotlight」

久しぶりのブログ更新はまたもNon-Techな感じで。

 

先日発表されて話題を呼んでいるLogicoolの新しいプレゼンツール「Spotlight」が3/22に一般販売が開始されました。

www.logicool.co.jp

 

Amazonだとちょっとだけ安く買えるけどApple Store限定のシルバーは購入できない。 

自分の周りではAppleStore限定カラーのシルバーが多く、たまにブラックって感じだったので自分はゴールドを選択。早速届いたので簡単にご紹介。

開封の儀

外箱

f:id:Keisuke69:20170325103105j:image

開けるとこんな感じで収まってる。Appleに通じる高級感のある感じだ。

f:id:Keisuke69:20170325103114j:image

本体の下には充電用のUSBケーブルと更にその下には収納用ポーチが。

f:id:Keisuke69:20170325103127j:image

充電用USBケーブル

f:id:Keisuke69:20170325103135j:image

よくあるMicroUSBではなくType-Cである。自分にとっては初のType-C採用デバイスなので持ち歩くケーブルがまた一本増えてしまうなー
しかし、このSpotlightは充電周りも優れもの。1分の充電で3時間使え、60分のフル充電を行えば3ヶ月持つのだ。なのでケーブルを持ち歩かなくてもいいかも知れない。まあ短いから持ち歩くだろうけど。

f:id:Keisuke69:20170325103155j:image

 

こちらが本体を取り出したところ。f:id:Keisuke69:20170325103200j:image

本体下部に収まっている白いパーツはUSBのレシーバになってて簡単に外せる。

f:id:Keisuke69:20170325103207j:image

 

外した後の本体側の奥には充電用のType-Cのポートが。f:id:Keisuke69:20170325103213j:image

 

こちらがUSBのレシーバ。しかし、今回はBluetoothで接続する。

f:id:Keisuke69:20170325103219j:image

 

充電ケーブル取り付けたらこんな感じ。f:id:Keisuke69:20170325103224j:image

 

充電中はこんな感じで上部が白くゆっくり点滅する。f:id:Keisuke69:20170325103232j:image

 

セットアップ

このプレゼンツールはPCにソフトウェアをインストールして利用する。また、ボタンの設定を変更することも可能だ。
ソフトウェア自体はここからダウンロードする。

http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/spotlight-presentation-remote

 

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックしたらセットアップ開始。

f:id:Keisuke69:20170325105328p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105338p:plain

インストールをクリックするとインストールが開始されるんだけど、進捗がライトグリーンの円で表示されていて、進行するにつれ大きくなる。

f:id:Keisuke69:20170325105350p:plain

インストール完了。続いて充電だ。f:id:Keisuke69:20170325105359p:plain

まずは充電だ。付属の充電用USBケーブルをPCなりに接続して充電する。

f:id:Keisuke69:20170325105404p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105409p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105414p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105419p:plain

これも進捗がライトグリーンの円の大きさで表現される。

f:id:Keisuke69:20170325105428p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105441p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105449p:plain

f:id:Keisuke69:20170325105512p:plain

続いてPCとの接続。画面上ではUSBのレシーバを使って接続する手順が表示されているが、今回はBluetoothで接続するので、画面左下に表示されている"Or click here to connect via Bluetooth"をクリックする。下図の赤枠で囲ったところだ。

f:id:Keisuke69:20170325111002p:plain

そうするとBluetoothでの接続手順が表示される。上下のボタンを同時に2秒押すと勝手につながる。

f:id:Keisuke69:20170325105544p:plain

こんな感じで接続される。

f:id:Keisuke69:20170325105550p:plain

ここからはSpotlightの実際の使い方のガイドが始まる。

f:id:Keisuke69:20170325105559p:plain

真ん中の大きなボタンはNEXTボタン。押すと次のページへ。

f:id:Keisuke69:20170325105635p:plain

下のボタンはBACKボタンでスライドを一枚戻れる。

f:id:Keisuke69:20170325105652p:plain

そして上のボタンが、Spotlightの最大の特徴であるハイライト機能のボタン。押しっぱなしにするとハイライトしたい箇所「以外」が薄くグレーアウトする。ここでも実際に試せる。

f:id:Keisuke69:20170325105659p:plain

これはタイマー機能。

f:id:Keisuke69:20170325105710p:plain

設定した時間が残り5分になると本体が振動する。

f:id:Keisuke69:20170325105716p:plain

残り0分、つまり終了時間になるとまた振動する。

f:id:Keisuke69:20170325105722p:plain

終了。"EXPLORE THE APP"をクリックすると設定画面が開く。

f:id:Keisuke69:20170325105743p:plain

 ポインターのモードなどが変更できる。あとは真ん中の「NEXT」ボタンや下部の「BACK」ボタンを押しっぱなしにしたときの動作などが設定できる。長押しで画面をブラックアウトさせたり、任意のショートカットを登録できたりする。自分はひとまずNEXTボタンに画面のブラックアウトだけ設定した。

f:id:Keisuke69:20170325105749p:plain

 

試してみる

実際のスライドを使って試してみた。ハイライトするとこんな感じで自分がハイライトしている箇所以外はグレーアウトされる。

f:id:Keisuke69:20170325113400p:plain

もちろんハイライトボタンを押しっぱなしにして画面上で動かすことも可能だ。
ていうか、普段黒背景のスライドを作ることが多いんだけどこれだと見にくいかもなー。ハイライトする円の大きさやグレーアウトする部分の透明度の設定が変更できるといいんだけど。と思ったら円の大きさは設定で変更できるようだ。

f:id:Keisuke69:20170325113405p:plain

やはり背景が白いスライドのほうがハイライトがわかりやすい。これは今後のスライド作りを考えないとだな。

f:id:Keisuke69:20170325115230p:plain

 

というわけで

総じていい感じだけど、Bluetoothだからなのかソフトウェア処理だからなのかハイライトしたときのカーソルへの追従が若干もたつく感じもしたので時間のあるときにレシーバでの接続も試してみたい。もたつくとはいえ、ごくわずかなものなのでそれほど大きな問題ではないかな。あとは先の通り透明度の設定とかができるとなおいい。

次のプレゼンの機会から使っていこうと思うんだけど、そういえばしばらく登壇予定がないな…
ということで登壇依頼もよろしくお願いしますmm

追記

今回、自分はBluetoothで接続してるんだけど本体には電源スイッチ的なものがなく切断と再接続をどうすればいいのか少しだけ悩んでしまった。ドキュメント(といっても大したものはないんだけど)にも特に言及がない。
切断はメニューバーのBluetoothの箇所から切断を選べばいいけど再接続をどうしたものかと。結論から言うと本体のいずれかのボタンを押して少しすると振動とともに自動的につながる。これはこれでカバンの中とかで勝手に接続されてしまったりしないか若干不安なところ。

 

追記その2

せっかくなのでポインターモードの変更を試してみた。

まず、これが通常のハイライト。

f:id:Keisuke69:20170325115230p:plain

次にハイライト箇所をズームできる"Magnify"をONにした状態。これはハイライトボタンをダブルクリックすることで有効になる。ハイライトしている箇所が拡大されているのがおわかりだろうか。

f:id:Keisuke69:20170325122057p:plain

 そしてこれが"Circle"を有効にした状態。これは画面上に円を表示するだけ。同じくハイライトボタンのダブルクリックで表示されるのだけどほどなく消える。これは逆に白背景のスライドだとわかりにくい上に、利用シーンがパッとは思いつかなかった。

f:id:Keisuke69:20170325122251p:plain

というわけで自分はMagnifyだけ有効にすることに。あまり使わなさそうだけど。